地元いちばん地元を食べよう北九州 地元で作った農産物・海産物やグルメ情報を発信

地産地消サポーター登録

地元の食材

農産物

イラスト:野菜集
北九州の農産物

きれいな空気、さんさんと降り注ぐ太陽、清流の流れ、黒潮の恵みをうけた
豊富な食材の数々。そんな北九州市の農産物の食材をご紹介しています。

気候により収穫時期は前後することがあります。

小葉しゅんぎく
産地情報
写真:小葉しゅんぎく

小葉しゅんぎくは別名「菊名(きくな)」と呼ばれています。北九州市内産の小葉しゅんぎくは茎まで柔らかく、しゅんぎく全部を楽しめるのが特徴です。
北九州市では「大葉しゅんぎく」と「小葉しゅんぎく」の香りや歯触りの違いを活かして、料理によって使い分けたりします。

しゅんぎくはキク科の植物で春に可憐な花を咲かせます。
菊の葉のようにギザギザの小さな切り込みがあって、独特の良い香りが食欲を促します。
すき焼きや和え物に手軽に使えるお野菜です。カロチンやビタミンB群が多く栄養的に優れているので
風邪予防だけでなく肌荒れなどに効果も有りそう。

しゅんぎくと焼きシイタケのゴマ和え

写真:しゅんぎくと焼きシイタケのゴマ和え

材料4人分

  • 生椎茸…4枚

  • しゅんぎく…2束

  • 人参…50g

《和え衣》

  • 白ゴマ…大さじ3

  • 砂糖…大さじ1

  • しょう油…大さじ1と1/2

  • だし…大さじ1

作り方
  • 生椎茸は軸を落とし、くぼんだ所に酒を少々振りかけて、オーブントースターで焼き、7mm位のせんに切っておきます。
    人参はせん切りにして、さっと茹でておきます。

  • しゅんぎくは茹でて冷水に取り、しょう油少々振りかけてから水気を絞って3cm位に切っておきます。

  • すり鉢でゴマを良くすり、調味料を加えて和え衣を作り、椎茸としゅんぎくを和えます。

■お料理レシピ提供
山際生活デザイン研究所 主宰 山際千津枝さん

山際生活デザイン研究所 山際千津枝さん

北九州生まれ。
料理研究家・栄養士として幅広い活躍を行っています。
仕事は商品関連会社顧問、メニュー開発、執筆、講演、公的機関の委員、テレビ・ラジオのコメンテーナーとタ岐にわたっており、生活感あふれる話題とユーモアやウィットに富んだ話し方には定評があります。

山際生活デザイン研究所はコチラ。

一覧へ戻る
ページの上へ

ホーム地産地消とは地産地消サポータージモイチのひとりごとコーナー地元の食材直売所マップリンクサイトマップ

産業経済局食の魅力創造・発信室 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1-1 TEL:093-582-2080/FAX:093-583-0594

Copyright(c) 地元いちばん All Rights Reserved.