地元いちばん地元を食べよう北九州 地元で作った農産物・海産物やグルメ情報を発信

地産地消サポーター登録

地元いちばんニュース

地元いちばんNEWS

<<前へ  123456 次へ>> 

  • 毎月21日は地元いちばんの日です

    2016.04.07発行

    漁協朝市がいよいよ開催!

    自然豊かな北九州市は、海の幸、山の幸に恵まれた「食」の街。
    毎年恒例の漁協朝市が今シーズンもスタートします。
    生産者から直接買える安心感とうれしい価格、水揚げしたばかりの新鮮さ。
    ちょっと早起きして、おいしい旬を体感してください。
    多くの皆様のお越しをお待ちしています。

  • 毎月21日は地元いちばんの日です

    2016.03.25発行

    採れたて北九州!北九州の旬をおいしく食べよう

    北九州市は、地元で生産されたものを地元で消費する“地産地消”を推進しております。
    このたび、西日本リビング新聞社と共同で、地元の生産者や農林水産物、農林水産物を使用した料理を紹介するタブロイド紙を作成いたしました。これは、市民の方にもっと北九州の食材や食材を作っている生産者の方を知ってもらいたい、生産者と消費者を結びつけたいという想いで作成したものです。

    採れたて北九州(チラシ:PDFファイル)

  • 毎月21日は地元いちばんの日です

    2016.03.16発行

    「合馬たけのこまつり」開催

    合馬といえば「たけのこ」と言われるように、今や「合馬たけのこ」は北九州市を代表する全国区のブランドとして定着しました。特に、関西の料亭などでは高級品として珍重されています。

    この北九州市の特産品「合馬たけのこ」を育んだ合馬地区が一体となり、地域活性化のために開催されているのが、「合馬たけのこまつり」です。「合馬たけのこ」や地元農産物の販売、「若竹汁」の振る舞いをはじめ、ステージイベント等も企画されています。合馬の春をぜひ味わいに来てください。

  • 毎月21日は地元いちばんの日です

    2016.03.16発行

    北九州市産芋焼酎『平尾台』完成・市長贈呈!

    3月9日(水)、無法松酒造?の山家社長と北九州市立大学地域創生学群の学生から北橋市長と戸町議長へ、完成した芋焼酎『平尾台』『ほたるの里』が贈呈された。

    ※報道対応(市長贈呈のみ):NHK、西日本新聞、読売新聞、毎日新聞、共同通信

  • 毎月21日は地元いちばんの日です

    2016.03.07発行

    溝上酒造「蔵開き」開催!!

    来る、3月12日(土)、13日(日)に、北九州三醸造士の会の一員である溝上酒造の酒藏にて、例年より少し遅めの「蔵開き」を開催します。
    北九州市八幡西区産の酒米”夢一献” 100%で出来た地産地消の新酒「純米酒(生酒)や「天心 純米吟醸」などの販売はもちろん、昨年末に出来立ての新酒「にごり酒」や「しぼりたて生酒」などの試飲も実施します。

  • 毎月21日は地元いちばんの日です

    2016.03.02発行

    若松妙見かき小屋 営業日変更のお知らせ

    好評につき完売間近。
    金・土・日のみ営業!売り切れ御免!

  • 毎月21日は地元いちばんの日です

    2016.02.26発行

    朝市フェア開催します♪

    平成28年2月27日(土)に北九州市立総合農事センターで市内産の新鮮な農林水産物等の直売を行う「朝市フェア」を開催します。

    朝市フェアは、平成27年10月24日(土)の開催に続く、第2回目の開催となります。
    今回は、柄杓田産の「豊前海一粒かき」、「小倉ふるさとどり」の鍋物などを生産者が販売します。

  • 毎月21日は地元いちばんの日です

    2016.02.19発行

    若松妙見かき小屋OPEN

    平成23年より若松区の漁業者が取り組んできたカキ養殖事業。
    事業化まで約6年の歳月をかけ、「若松妙見(みょうけん)かき」として、ついにデビューです!「若松妙見かき」の特徴は、響灘の澄んだ海域で生産されていることから、すっきりとした味わいの中に奥深い旨みがあり、プリッとした食感が魅力。
    台風で養殖イカダが破損したり、身入りが悪く思ったようなカキに育たないなどの課題が生じ、漁業者が豊前や糸島の生産地を訪ね、試行錯誤を繰り返すことで、ようやく満足のいくカキを生産することが出来ました。

  • 毎月21日は地元いちばんの日です

    2016.02.16発行

    岩屋あかもくが県知事賞 受賞!

    今や北九州市を代表するブランド水産物となった「岩屋あかもく」。
    この「岩屋あかもく」が、平成27年度の福岡県6次化商品コンクールにおいて、県内から応募のあった92品の中から、最高賞の「福岡県知事賞」を受賞しました。

    最も美味しい旬のアカモクを、「いつでも・どこでも・食べやすく」をコンセプトに試行錯誤を重ね、スープと味噌汁のフリーズドライ化に成功しました。
    お湯を注ぐとアカモク特有の粘りと、海の旨みが口いっぱいに広がります。

     

  • 毎月21日は地元いちばんの日です

    2016.02.10発行

    千草ホテル 〜美食の晩餐会〜

    2016年3月3日(木)、千草ホテルにて「〜美食の晩餐会〜」を開催いたします。
    北九州の「おいしい時間」をお楽しみください。

    開催日:2016年3月3日(木)
    時間 :受付18:00 〜 開宴18:30
    会費 :5,000円(税込)

    詳しくはPDFをご参照ください。

<<前へ  123456 次へ>> 

ページの上へ

ホーム地産地消とは地産地消サポータージモイチのひとりごとコーナー地元の食材直売所マップリンクサイトマップ

産業経済局食の魅力創造・発信室 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1-1 TEL:093-582-2080/FAX:093-583-0594

Copyright(c) 地元いちばん All Rights Reserved.